当社社員の事故報道について

11/6に発生した、当社社員「植木 雪乃」の事故報道について、ご報告を申し上げます。

 

事件の一報を聞き、2歳のお子さんが命を落とされた大変悲しい事故に、息が止まりそうになり言葉を見つけることができませんでした。

大切なご家族を失われた悲しみは私などには到底、想像することも及びませんが、ご遺族の皆様には、心よりお悔やみを申し上げます。

 

以下のご報告は、個人的な思いで書かせていただく部分もあり、長文で読みづらく、お読みになる方によって様々なご意見があるかと思います。

業務時間外の事故であるため、会社としては何も発信すべきでないかと悩みましたが、早期の事態収束の一助になればと投稿させていただきます。何卒ご了承の程、お願い申し上げます。

 

今回の事故につきまして、報じられた社員は現在育児休業中であり、業務時間中の事故ではないため、また現在も調査中の段階にあることから、会社としてのコメントは差し控えさせていただきます。

事故の詳細については関係当局および司法の場に委ねることとし、社員本人の問題として、見守っていきたいと考えております。

 

事故当日、加害者として実名での報道が(まずネット上で)なされたことから、当サイトには、当該社員の名前を検索したことによるアクセスが、21:00から翌未明の3:00までの間だけで3000を超えるユニークユーザ、5000を超えるページビューございました。

植木は、現時点でも当社の社員であり、それを隠そうという意図は一切ございません。

ネットに一度出てしまったものは取り戻せるはずもなく、ネットで名前を検索し、過去のブログなどをご覧になれば、当社の社員であることは瞬時にお分かりになると思います。

ただ、自社の社員の個人情報が秒刻みで暴かれ、家族構成が掲載され、顔写真が複数のサイトで晒されていくことを、少しでも抑えたいと思い、報道当初はそのままにしていた当サイトのスタッフ紹介ページから、当該社員を非掲載にさせていただきました。

しかしながら、サイトから削除したことによって「隠している」との誤解を受けたり、育休中であることも分からなくなってしまうと考え、このような形でお知らせをさせていただくことにいたしました。

 

経営者である私の思いは、縁あって当社に勤めた社員が、「美容を通じてお客様を幸せにする事で、自らも成長し幸せになる」ということに尽きます。

身勝手な思いかもしれませんが、調査中の段階であるにも関わらず、判明している事実以上の本人や家族への誹謗中傷、さらには美容師という職業、女性に対する侮蔑的な表現などから、社員を守りたいと思いました。

 

当社で勤務中のスタッフに対しては、事故当日の夜に、以下の3点、指示を出しております。

・勤務時間外の事故であり、事故について言及する立場にないこと。冷静に、いつもの仕事をすること
・いつも以上に、運転に気をつけること
・いつも通りのいい仕事をして、お客様に喜んでいただくこと

 

美容室は、ご来店いただける大切なお客様に、美と癒しの時間を提供する場所だと考えております。

ゆえに、接客中のお客様に対して、私どものスタッフが今回の事故について敢えて言及することも、スタッフに求めておりません。

隠したり嘘をつくためではなく、あくまで本業での価値をお客様にお届けしたいとの思いによるものです。

本件について何かありましたら、ご連絡先を明記の上、私宛にお問い合わせくださいますよう、お願いいたします。(文末にメールアドレスを記載しております。)

 

誤解を恐れずに申しますと、その他大勢の当社社員には今回の事故については一切非はありません。

日々、勉強や技術向上に取り組んでいる社員は、会社と私の宝物です。

今回加害者として報じられている社員も、明るく勉強熱心で、仕事と子育てを懸命に両立し、勤務時間が短い分、自宅でのワークでカバーをし、臨月まで弱音も吐かずサロンワークに取り組んでくれました。今後については事故の報告を待たねばなりませんが、他の社員同様お店に必要な社員です。

 

今回の事故によって会社とサロンのイメージダウンがあるとすれば、「いい仕事をひたすら継続する」というシンプルな方法でのみ、挽回できると思っています。

まだまだ、全て完璧にとはいかないかもしれませんが、どうぞ今まで通り、温かく見守りご指導ご鞭撻いただけますよう、勝手なお願いではありますが、重ねてお願い申し上げます。

 

そして、失われた命は二度と戻ることはなく、ご遺族の心の傷が癒えることはない。

このような悲しい事故が二度と起こらないことを心から願っています。どんなに気を付けていても、自分が加害者になることもあるかもしれません。

毎日の「普通の日」がずっと続くように、1日1日を大切に、自分も、みんなと、過ごしていきたいと思います。

 

最後に、この場をお借りして、いつもご来店くださる多くのお客様、多方面で支えてくださる取引先の皆様、当社スタッフとその家族、頼りないオーナーをあれこれ助けてくださる数多くの皆様に、心より感謝申し上げます。

いつも本当に、ありがとうございます。これからも、よろしければ、どうぞ変わらぬご支援のほど、よろしくお願いいたします。

 

2016年11月7日
株式会社ビューティアオイ
代表取締役 安達悦子
(beaute-aoi[at]water.ocn.ne.jp) ※[at]を半角@に変えて、送信ください。